Home > SP-10 Archive

SP-10 Archive

Technics (テクニクス) SP-10 オーバーホール S:602188


Technics (テクニクス) SP-10のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
・各電子部品の劣化による回転ムラ増大

処置
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  タンタルコンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  各スイッチ全数交換
  ヒューズ交換
  機構部クリーニング、注油、グリスアップ
  電気調整
  24時間以上のエージング後、動作確認

非常に綺麗な製品です。大切にご使用されておられるのでしょう。
ただ、外観は綺麗でも、内部の電子部品は劣化が進んでいます。回転時にストロボを見ると、少しばかり回転ムラが発生していました。
この機種は、回転制御をDC信号で行っています。電子部品が劣化してAC信号やノイズ成分が制御信号に混入すると、この様な症状が現れます。
オーバーホールを実施する事で、この回転ムラを最小限にする事が出来ます。
今回も、劣化している部品の交換やスピンドルのクリーニング・注油その他を行う事で、目視ではあまり判らない程度まで回転ムラが減少しています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Technics (テクニクス) SP-10 オーバーホール S:不明


Technics (テクニクス) SP-10のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
・各電子部品劣化

処置
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  スタートスイッチ交換
  速度切り替えスイッチ交換
  モーター軸受クリーニング、注油
  24時間以上のエージング後、動作確認

各電子部品の劣化が進み、時々回転が不安定になっていました。
オーバーホールを実施する事により、安定して回転する様になりました。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SP-10 修理・オーバーホール S:560893


Technics (テクニクス) SP-10の修理にてお預かりしました。

症状
・回転不安定

所見
・各電子部品劣化

処置
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  回転数切り替えスイッチ交換
  機構部クリーニング、注油
  電機調整
  24時間以上のエージング後、動作確認

各電子部品の劣化により、回転が不安定になっていました。
オーバーホールを実施する事により、不具合は解消されています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SP-10 修理・オーバーホール S:R23130-501175


Technics (テクニクス) SP-10の修理にてお預かりしました。

症状
・スタート・ストップスイッチ機能しない
 コンセントに繋ぐと回転スタートする

所見
・スタート・ストップスイッチ動作不良
・各電子部品劣化

処置
・スタート・ストップスイッチ交換
・電源回路定電圧ダイオード交換
・オーバーホール
 オーバーホール内容
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  速度切り替えスイッチ交換
  回路基板の半田付け吸い取り・再半田付け
  回路基板クリーニング・防湿コーティング
  機構部クリーニング・グリスアップ 
  電気調整・機械調整
  24時間エージング

スタート・ストップスイッチが常時通電になっていて、スイッチの機能を果たしていませんでした。該当スイッチを新品に交換して、症状は治まっています。
コンセントに繋いだと同時に回転を始めますので、あまりにも使い難いとの事で、お客様にて電源コードに中間スイッチを設けておられました。今回の修理・オーバーホールにてスタート・ストップスイッチの機能が復活していますので、お客様のご了解を頂いて、電源コードの交換を行っています。

各電子部品の劣化が進んでいました。このままでは何時故障しても不思議では無い状態でしたので、オーバーホールを実施しています。

電源回路の出力電圧が規定外になっていました。通常であれば調整出来るのですが、今回の個体はオーバーホールを実施した後でも調整が出来ません。
トラブルシューティングの結果、電源回路の定電圧ダイオードが壊れ、回路が正常に動作していませんでしたので、このダイオードを交換しています。ただ、純正部品は入手不可能ですので、代替部品にて対応しています。

今回の修理・オーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:0863-55-1133
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SP-10 オーバーホール


Technics (テクニクス) SP-10のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
・各電子部品劣化

処置
・オーバーホール
 オーバーホール内容
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  速度切り替えスイッチ交換
  回路基板の半田付け吸い取り・再半田付け
  回路基板クリーニング・防湿コーティング
  機構部クリーニング・グリスアップ
  電気調整・機械調整
  24時間エージング

不具合無くご使用になられていましたが、製造後長期間の年月を経ているので、オーバーホールして欲しいとの事でお預かりしました。
各電子部品の劣化が進んでいて、各信号や電源が安定せず、何とか正常動作しているような状態です。
オーバーホール後は電源が安定し、各信号も正常に戻っています。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SP-10 修理・オーバーホール


Technics (テクニクス) SP-10の修理にてお預かりしました。

症状
・電源入らず

所見
・電子部品の劣化によるヒューズ切れ

処置
・各電子部品劣化の為オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  速度切り替えスイッチ交換
  回路基板の半田付け吸い取り・再半田付け
  回路基板クリーニング・防湿コーティング
  機構部クリーニング・グリスアップ
  電気調整・機械調整
  24時間エージング

各電子部品の劣化により、回路が異常な動作をしてヒューズが切れていました。
特に電解コンデンサの劣化が酷く、取り外した部品を測定すると、1000μFの容量の物が2F,
220μFの物が0.1Fととんでもない数値になっています。
これでは、正常な動作は期待出来ません。
SP-10は、電解コンデンサの電圧定格ぎりぎりで使用されている場所が多く、15Vラインに16V品、18VACの整流回路に25V品が使用されています。
部品には厳しい環境ですね。
当店でオーバーホールを行う時には、十分なマージンを持った部品を使用します。それにより、部品の寿命が少し延びますので、安心してお使い頂ける時間を延ばす事が出来ます。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方、どうも調子が悪いとお感じの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SP-10 修理・オーバーホール S:602226


Technics (テクニクス) SP-10の修理にてお預かりしました。

症状
 電源入らず

所見
・電源スイッチ接触不良

処置
・電源スイッチ交換
・各電子部品劣化の為オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  回転数選択スイッチ交換
  回路基板の半田付け吸い取り・再半田付け
  回路基板クリーニング・防湿コーティング
  機構部クリーニング・グリスアップ
  電気調整・機械調整
  24時間エージング

電源スイッチの劣化による接触不良にて、電源が入らない状態でした。
このスイッチを交換し、電子部品の劣化が進んでいましたので、オーバーホールを実施しています。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方、どうも調子が悪いとお感じの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SP-10 修理・オーバーホール S:027855


Technics (テクニクス) SP-10の修理にてお預かりしました。

症状
・回転せず
・ストロボ暗い

所見
・電源回路電解コンデンサのショート
・ストロボ用ネオン管劣化
処置
・オーバーホール
  ストロボ用ネオン管交換
  ヒューズ交換
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  回転数選択スイッチ交換
  回路基板の半田付け吸い取り・再半田付け
  回路基板クリーニング・防湿コーティング
  機構部クリーニング・グリスアップ
  電気調整・機械調整
  24時間エージング

電源回路の電解コンデンサのショートにより、保護ヒューズが切断して駆動回路に電源が供給されていませんでした。この為、回転しない症状が発生しています。
オーバーホール時に電解コンデンサを全数交換しますので、この症状はオーバーホールにて解消しています。

ストロボ用ネオン管の金具部分の腐食が進み、ネオン管の内部配線まで達していました。ネオン管を交換しています。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方、どうも調子が悪いとお感じの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SP-10 修理・オーバーホール S:058155


Technics (テクニクス) SP-10の修理にてお預かりしました。

症状
・高速回転(サーボ掛からず)
・スタート・ストップスイッチ動作重い

所見
・電子部品の劣化
・スイッチ機構のグリス硬化

処置
・オーバーホール
 電解コンデンサ全数交換
 フィルムコンデンサ全数交換
 調整用半固定抵抗器全数交換
 回転数選択スイッチ交換
 回路基板の半田付け吸い取り・再半田付け
 回路基板クリーニング・防湿コーティング
 機構部クリーニング・グリスアップ
 電気調整・機械調整
 24時間エージング

SP10のDDモータ制御回路基板は、モータ本体の下部に取り付けられています。今回は、スピンドルにオイルを入れ過ぎてスピンドルケースから溢れ出し、回路基板上にオイルが多量に付着して電子部品を壊していました。
オーバーホールにて劣化し壊れている電子部品を全て交換し、基板に付着していたオイルをクリーニングして取り除いた後、防湿コーティングを施しています。

スタート・ストップスイッチの動作が重く、スタート・ストップ動作が正常に行えなくなっていました。
スイッチを動作させている機構部分のグリスが硬化し、動きが悪くなっていましたので、古いグリスを取り除き、グリスアップを行う事で正常に動作しています。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方、どうも調子が悪いとお感じの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08636-3-0808
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics(テクニクス) SP-10 修理・オーバーホール S:00040510


Technics(テクニクス) SP-10の修理にてお預かりしました。

症状
 回転しない。

所見
 モーター駆動基盤の半田劣化による接触不良
 電子部品の経年劣化

処置
 オーバーホール
  速度切り替えスイッチ交換
  電解コンデンサ全交換(オーディオグレード部品に交換)
  フィルムコンデンサ交換
  可変抵抗器全交換
  全半田個所の吸い取り・再半田
  スピンドルクリーニング
  全パーツ取り外しクリーニング・組立調整・グリスアップ

モーター駆動回路基板の半田が劣化して、半田付け不良が発生していました。
また、各電子部品(コンデンサ・半固定抵抗器)の劣化が認められましたので
当店のオーバーホールメニューにて対応しています。

生産後、かなりの年月が経過している商品です。
部品の劣化は避けられません。
今回は、半田が劣化して半田割れを起こし、接触不良となっていました。
オーバーホールにて、各プリント基板の半田を吸い取り、再度半田付けを行っています。

アナログ制御の商品ですので、
部品の劣化が、直接性能に影響を与えます。
故障していないように動作していても
故障寸前まで部品劣化が進んでいます。
電解コンデンサで良く有るのが、電解液の漏れです。
これが発生すると、周辺の部品を腐食させて、故障範囲が広がります。
最悪の場合、プリント基板まで腐食させて、修理不能になる場合も有ります。
この様な事態を避ける為にも、オーバーホールは必要です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方、どうも調子が悪いとお感じの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:08635-5-1133
:メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

  

Home > SP-10 Archive

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top