Home > その他 Archive

その他 Archive

Technics (テクニクス) SP-15 修理・オーバーホール S:CE8823E002


Technics (テクニクス) SP-15の修理にてお預かりしておりました。

症状
・ICが取り外されている為、確認出来ず
・お客様が異常動作している画像をYouTubeにアップされていたので、その画像を参照
  指示回転数と実際の回転数が合致しない
  ピッチコントロール動作異常
  回転時、勝手に停止する

所見
・各電子部品の劣化
・ピッチコントロールIC の不具合
・ドライブICの不具合
・Start/Stopボタン動き悪い

処置
・取り外されていたICを取り付け
・ドライブIC交換
・Start/Stopボタン軸受修正
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  タンタルコンデンサをフィルムコンデンサに全数交換
  各回路基板間接続コネクタ交換
  各操作スイッチ全数交換(タクトスイッチのみ)
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再はんだ付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  機構部クリーニング、注油、グリスアップ
  電気調整、機械調整
  24時間以上のエージング後、動作確認

IC304(AN860 基準信号発生用IC)・IC305(MN6042 ピッチコントロールIC)が取り外されていました。また、電解コンデンサも全数交換されています。3箇所のICが取り外されてICソケットが実装され、そのソケットにICが取り付けられていました。
このままでは何も出来ませんので、まず当店のオーバーホールメニューにて劣化部品の交換を行い、半田付け修正を実施します。
ICソケットは取り外し、ICを直付けしています。
その後、取り外されていたICを取り付け、動作チェックを行いました。
電源を入れた直後には、何も問題無く動作しています。そのまま20分程度エージングを行うと、回転中に勝手に止まってしまいました。
トラブルシューティングを始めます。
冷えている時には、何も問題は有りません。温まってくると、回転信号は問題有りませんが、回転が止まります。駆動用のICの不具合です。
該当ICを交換する事で、問題は無くなりました。24時間以上のエージングでも、止まる事無く回転しています。

スタート・ストップボタンの動きが悪くなっていました。この機種では、良く有る不具合です。
ボタンのシャフトを支えている軸受の取り付け部分がプラスチックで作られています。経年劣化でこのプラスチックに割れが生じて、軸受の角度が変わり、ボタンの側面とボタン周辺の突起部分が接触して、動きが悪くなります。
完全に修理するには、このプラスチック成形部品の交換が必要ですが、もう入手不可能ですので、軸受内部を研磨し、ニゲを作って対処しています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-15の安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-15が故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Technics (テクニクス) SP-15 修理・オーバーホール S:CE9125E017


Technics (テクニクス) SP-15の修理にてお預かりしました。

症状
・回転数に関係なく高速回転

所見
・FGコイル取付部半田付け不具合
・各電子部品劣化
・回転時微振動発生

処置
・FGコイル取付部半田付け修正
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  タンタルコンデンサをフィルムコンデンサに全数交換
  各回路基板間の接続コネクタ交換
  タクトスイッチ全数交換
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  機構部クリーニング、注油、グリスアップ
  電気調整、機械調整
  24時間以上のエージング後、動作確認

SP-15では良く有る不具合状況ですが、プラッタの回転数を検出するFGコイルの取付部の半田付けに不具合が発生して、回転数信号が制御回路に入力されなくなり、制御不能になってプラッタが高速回転していました。
この機種のFGコイルは、ボビンに線材を巻いているのではなく、フレシキブル基板に方形波状のパターンを書いて、それをステーターの周りに巻いています。
各電子部品の劣化によって回転時に微振動が発生し、その振動で半田付け部分に不具合が発生します。
ですから、FGコイル部分の半田付けを修正しただけでは根本的なメンテナンスにはなりません。オーバーホールにて劣化した部品を交換し、微振動を無くして初めて根本的メンテナンスになります。
今回もオーバーホールの実施とFGコイル取付部の半田付け修正を同時に行っています。これにより、微振動も無くなり、動作的には新品に限りなく近付いています。

当店では、オーバーホール時にタンタルコンデンサの交換も行っています。容量に問題が無くても、ESRが高くなっている物が多く、故障時には基本的にショートモードになる為です。
基本的に、容量・耐電圧と大きさが問題なければ、フィルムコンデンサに置き換えています。

今回のオーバーホールにて、回転時の微振動が無くなり、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-15の安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-15が故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Technics (テクニクス) SP-20 修理・オーバーホール S:DA7215B009


Technics (テクニクス) SP-20の修理にてお預かりしました。

症状
・回転中、突然止まって左右に揺れる。

所見
・回路パターンの切断
・各電子部品の劣化

処置
・回路パターン修正(3箇所)
・駆動用IC交換
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  タンタルコンデンサ全数フィルムコンデンサに交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  コネクタ全数交換
  回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  回路基板クリーニング、防湿コーティング
  機構部クリーニング、注油
  電気調整
  24時間以上のエージング後動作チェック

問題が無い時には普通に回転していますが、突然回転が止まり、直後に左右に揺れて、暫くすると通常に戻っていました。
電子部品の劣化が進んでいますので、このままではトラブルシューティングが行なえませんので、まずオーバーホールを実施します。
フィルムコンデンサの1個が破損していました。回路基板の端に実装されている部品で、回路基板の外側に倒れていたので、回路基板とケースに挟まれて破損していたのだと思います。破損していたフィルムコンデンサです。

部品交換、半田付け修正を行った後に動作させると、常時左右に揺れて正常回転しなくなりました。また、駆動用のICが非常に熱くなっています。
駆動用のICの温度に気を配りながらICへの入出力信号を確認します。入力信号が2箇所、出力されていても次段の素子に信号が伝わっていない所が1箇所見つかりました。入力信号の供給先では信号が出ています。
回路パターンの切断箇所が有ると判断して、パターンを追いかけます。案の定、回路パターンが3箇所切断されていました。切断されているパターンのレジストを注意深く剥がして行きます。切断場所は判明しましたが、不思議なのは、切断場所にレジストの剥がれが無い事です。切断場所の近くにレジストの剥がれが有りますが、その場所では切断されていません。
私の憶測に過ぎませんが、製造時に何らかの異物混入が有って、回路パターンに傷がついた状態で出荷され、製造後長期の時間が経過し、振動等でパターンが切れ掛かって症状が発生。当店でオーバーホールを実施した時の振動で完全に切断されたのではないかと思います。当然ですが、当店でオーバーホールを実施する時には、丁寧に取り扱っています。しかし、振動が皆無には出来ません。
また、駆動用ICを交換した跡が有りましたので、その時に無理をしてパターンを痛めていた可能性も有ります。

修正を施した回路パターンです。
Technics (テクニクス) SP-20 修正した回路パターン
念の為、駆動用のICを交換しています。

3日間エージングを行い、1日冷やした後動作チェックを行い、問題が無い事を確認した後、オーナー様に返却しています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

YAMAHA (ヤマハ) YP-1000mk2 オーバーホール S:1271


YAMAHA (ヤマハ) YP-1000mk2のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
・各電子部品劣化
・回転ふらつきが若干有り

処置
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  機構部クリーニング、注油
  24時間以上のエージング後、動作確認

本製品は、DDモーターにテクニクスのSP-10を使用していますので、当店でのオーバーホールが可能です。
ご購入後、かなりの年月が経過しているので、オーバーホールをご依頼頂きました。
若干ですが、回転のふらつきが確認出来ます。オーバーホールを実施した事で、このふらつきは無くなっています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

LUXMAN (ラックスマン) PD121 オーバーホール S:K5400263


LUXMAN (ラックスマン) PD121のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
・ストロボ暗い
・各電子部品劣化
・速度調整用可変抵抗器配線不具合
・回転不安定

処置
・速度調整用可変抵抗器配線
・オーバーホール
電解コンデンサ全数交換(基本的にオーディオグレード品使用)
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  電源回路ヒューズ全数交換
  スピンドル部クリーニング・注油
  回路基板半田付け全箇所吸い取り・再半田付け
  回路基板クリーニング・防湿コーティング
  電気調整・メカニズム調整
  24時間以上のエージング後、動作チェック

各電子部品の劣化が進んでいました。その為、ストロボの照度不足や回転不安定を発生させていました。オーバーホールを実施した事で、どちらも改善されています。

速度調整可変抵抗器への配線に不具合が有りました。以前に部品を交換した際の作業の不手際と思います。


配線材を純正と同等品に交換し、配線をやり直しています。

ストロボ点灯回路基板のコネクタが取り外されて、空中配線に変更されていました。動作的には問題は無いのですが、ショートの危険性が有りましたので、純正状態に戻しています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではPD121の安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、PD121が故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

 

Technics (テクニクス) SP-15 修理・オーバーホール S:DA9109B034


Technics (テクニクス) SP-15の修理にてお預かりしました。

症状
・回転開始時、左右に振れて回転開始しない
・回転時微振動発生

所見
・ピッチコントロールIC不具合発生
・各電子部品劣化

処置
・ピッチコントロールIC交換
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換(ECQMタイプのみ)
  調整用半固定抵抗器全数交換
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  操作スイッチ全数交換
  コネクタ交換
  機構部クリーニング、注油、調整
  電気調整
  24時間以上のエージング後、動作チェック

ピッチコントロールICに不具合が生じて、正常動作していませんでした。当ICを交換しています。

各電子部品の劣化が進み、回転時に微振動が発生していました。オーバーホールを実施する事で、微振動は解消しています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-15の安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-15が故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SP-15 修理・オーバーホール S:DA8L19B169


Technics (テクニクス) SP-15の修理にてお預かりしました。

症状
・時々高速回転

所見
・半田付け劣化
・各電子部品劣化

処置
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換(ECQMタイプのみ)
  調整用半固定抵抗器全数交換
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  操作スイッチ全数交換
  コネクタ交換
  機構部クリーニング、注油、調整
  電気調整
  24時間以上のエージング後、動作チェック

半田が劣化して接続状態が不安定になり、症状が発生していました。
当店のオーバーホールメニューに半田付け修正の項目が有り、各電子部品の劣化も進んでいましたので、オーバーホールを行っています。

オーバーホールを実施する事により、今後、安定してこの製品が持っている本来の性能を発揮します。

見た目には正常に見えても、電子部品や半田の劣化は避けられません。その為に本来の性能を発揮していません。
製品を生かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SL-01 修理・オーバーホール S:DA6L11A099


Technics (テクニクス) SL-01 の修理にてお預かりしました。

症状
・回転スタートせず

所見
・PGコイル断線
・各電子部品劣化

処置
・PGコイル配線修正
・オーバーホール
 オーバーホール内容
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  タンタルコンデンサ全数フィルムコンデンサに交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  コネクタ全数交換
  機構部清掃・注油
  回路基板半田付け全数吸い取り・再半田付け
  回路基板清掃・防湿コーティング
  電気調整
  操作スイッチ交換(3個)
  24時間エージング

回転スタートボタンを押しても、回転がスタートしていませんでした。モーターを駆動する信号を作るPGコイル3組6個の内、1個が断線しています。
幸いにも、回路基板の部品挿入穴口で切れていましたので、この部分を修正して完治しています。念の為、残り5個の状態も調べましたが、問題は有りませんでした。
回転時に、モーターから微振動が発生していましたので、この微振動により断線したものと思われます。このモーターの微振動は、各電子部品の劣化により発生します。今回のオーバーホールにて、劣化している電子部品を新品に交換していますので、回転時の微振動は治まっています。

START/STOPスイッチ、33rpm/45rpm切り替えスイッチが接触不良を起こしていました。今回のオーバーホールにて、この3個のスイッチを交換しています。

今回のメンテナンスにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSL-01の安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SL-01が故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:08636-3-0808
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

 

Technics (テクニクス) SP-15 修理・オーバーホール S:DK2721D005


Technics (テクニクス) SP-15の修理にてお預かりしました。

症状
・時々高速回転
・ピッチコントロール不具合

所見
・各部ハンダ付け劣化
・各電子部品劣化
・ピッチコントロールIC不良

処置
・ピッチコントロールIC交換
・オーバーホール
 電解コンデンサ(タンタル含む)全数交換(基本的にオーディオグレード品使用)
 フィルムコンデンサ全数交換
 調整用半固定抵抗器全数交換
 各操作スイッチ全数交換
 各回路基板接続コネクタ交換
 スピンドル部クリーニング・グリスアップ
 メカニズム部クリーニング・グリスアップ・注油
 半田付け全箇所吸い取り・再半田付け
 プリント基板クリーニング・コーティング
 電気調整・メカニズム調整
 24時間エージング

各回路基板や配線のハンダ付けが劣化して、半田外れが発生していました。オーバーホール時に全ハンダを一旦吸い取り、再度ハンダ付けを行っています。

ピッチコントロールICが不具合を起こしていました。
このICは初期のCMOS ICですので、パルス状ノイズや静電気が発生すると、非常に壊れ易い素子です。今回の個体の様に、各部のハンダが外れ、電子部品の劣化が進むと、色々なノイズが発生しますので、壊れて当然かも知れません。
今回、オーバーホールと同時に交換していますので、今後長期間、安定して動作します。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:0863-55-1133
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Technics (テクニクス) SL-01 修理・オーバーホール S:DA6L09A054


Technics (テクニクス) SL-01の修理にてお預かりしました。

症状
・運転開始後、30分ぐらい経過すると回転不安定

所見
・各電子部品の劣化

処置
・トランジスタ9個交換
・オーバーホール
 オーバーホール内容
  電解コンデンサ全数交換(オーディオグレード用使用)
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  ヒューズ全数交換
  回路基板半田付け全箇所吸い取り・再半田付け
  回路基板基板クリーニング・防湿コーティング
  回路基板コネクタ交換
  各操作スイッチ交換
  機構部クリーニング・注油
  電気調整・機械調整
  24時間エージング

制御部のトランジスタの温度特性が悪化して、症状が発生していました。
トラブルシューティングを行う前に、オーバーホールを実施します。各電子部品が劣化していますので、回路の動作が信用出来ない状態になっているからです。
オーバーホールを実施しないでトラブルシューティングを行うと、とんでもない間違いを犯します。
当店に入荷する製品には、時々修理をした後が残っている物が有ります。壊れている部品を交換するのは当たり前の行為ですが、それだけで正常に動作しない場合に、抵抗器やコンデンサの定数変更を行っている物が有ります。その様な状態でオーバーホールを実施すると、まず正常に動作しません。回路内の電圧値や電流値が異常になっているので、当たり前の事です。
修理の痕跡が有る場合には、まず定数変更が行われていない事を確認してオーバーホール作業に入ります。半田付けも全てやり直しますので、オーバーホールを行った後ではどの部品を交換したのか分からなくなり、最悪全ての定数を確認する作業が必要になるからです。

今回の製品は、その様な事は有りませんでしたが、どのトランジスタが温度特性悪化を起こしているか判定するのにかなりの時間を費やしてしまいました。
オーバーホール作業が終わり、回路基板のクリーニングを行う前に動作チェックを行います。オーバーホール前よりは安定していますが、まだ温度によって回転変動が起こります。トランジスタを1個ずつチェックして行きます。
結果、9個のトランジスタが温度特性の劣化を起こしていました。
該当トランジスタを交換して、回路基板のクリーニングと防湿コーティングを実施します。
分解した箇所を組み立て直して30分程度エージングした後、調整を行います。オーバーホール前のチェック時とは比べ物にならない程安定しています。

症状が温度に起因するものでしたので、エージングは通常よりも念入りに行います。3日間連続運転でも不安定さは認められません。

これで、やっとお客様の元にお返し出来ます。

今回の修理・オーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の購入・修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:0863-55-1133
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Home > その他 Archive

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top