Home > Archives > 2017-06

2017-06

Technics (テクニクス) SP-10mk3 オーバーホール S:DK2421D135


Technics (テクニクス) SP-10mk3のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
・各電子部品の劣化により、回転時微振動発生

処置
オペレーション回路基板上の操作スイッチ全数交換
本体速度切替スイッチ全数交換
オーバーホール
・電解コンデンサ全数交換
・高分子電解コンデンサをフィルムコンデンサに交換
・無極性電解コンデンサを一部フィルムコンデンサに交換
・フィルムコンデンサ全数交換
・調整用半固定抵抗器全数交換
・リレー交換(半導体リレー使用)
・ヒューズ全数交換
・制御回路用電源回路整流用ダイオードブリッジ交換
・3端子レギュレータ全数交換
・電源オペレーション回路基板トランジスタ1個交換
・ダイオード2個交換
・裏付け部品半田面から部品面に移設
・ストロボ、ソレノイド用電源トランジスタ交換、ヒートシンクに移設
・各回路基板洗浄、防湿コーティング
・各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
・機構部洗浄、注油
・機械調整
・電気調整
・24時間以上のエージング後動作チェック

見た目には正常に動作していますが、今後、安心・安定にお使いになられたいとの事で、オーバーホールを実施させて頂きました。

オーバーホール前に現状確認を行いますが、この製品も他の製品と同じく、回転時にモーターが微振動をしています。33rpmでは触感では解りにくいですが、78rpmで回すと、はっきりと振動が手に伝わって来ます。
モーター駆動波形を観測すると、33rpmでも異常が解ります。
オーバーホールを実施すると、微振動は綺麗に無くなり、駆動波形を観測しても異常は見られなくなります。

今回の製品は、裏付け部品の半田付けが外れている箇所が有りました。その様子です。

裏付けされた電解コンデンサの半田付けが綺麗に外れています。電解コンデンサから漏れた電解液によって半田が酸化しています。その為に半田外れが発生しています。
この裏付けコンデンサ、液漏れを起こしている事が多く、時には周辺の回路パターンまで酸化していて、パターン修正を行う事も有ります。今回は問題有りませんでした。
この回路基板は電源回路が載っていますので、熱的に苦しい部分です。部品交換時には、あまりやりたくは無いのですが回路基板に0.8mm程度の穴を開け、部品面に実装して少しでも熱を受けないようにしています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Technics (テクニクス) SP-10mk2 修理・オーバーホール S:DA0227H015


Technics (テクニクス) SP-10mk2の修理にてお預かりしました。

症状
・設定回転数に関わらず、高速回転

所見
・FGコイル断線
・各電子部品劣化
・モーター軸下部樹脂部品摩耗

処置
・FGコイル巻き直し
・モーター軸下部樹脂部品研磨
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換(基本的にオーディオグレード品使用)
  フィルムコンデンサ全数交換(ECQMタイプのみ)
  調整用半固定抵抗器全数交換
  電源回路ヒューズ全数交換
  スピンドル部クリーニング・注油
  メカニズム部クリーニング・グリスアップ・注油
  回路基板半田付け全箇所吸い取り・再半田付け
  回路基板クリーニング・防湿コーティング
  電気調整・メカニズム調整
  24時間以上のエージング後、動作チェック

プラッタの回転数を検出するFGコイルが断線し、回転数信号がサーボ回路に入力されない為、サーボが掛からず高速回転していました。
コイルを巻取り、巻き直しを行っています。

この製品のFGコイル断線は、良く有る症状です。大体、同じ場所で断線しています。また、このコイルが断線している製品は、コイルユニットを取り付けるネジが緩んでいます。

電子部品の劣化が進むと、色々な信号のタイミングがずれたり、回路内で発生するノイズが増加してきます。それが原因でモーター駆動信号が不安定になり、モーター自体が微振動を起こします。この微振動がコイルの線材に伝わり、断線に繋がるのだと思います。
ダイレクトドライブですので、モーターの微振動はそのままプラッタにも伝わります。その結果、レコード再生時の低域ノイズが発生し、スッキリとしない再生音になります。
オーバーホールを実施する事でこの微振動は無くなりますので、再生音がスッキリし、FGコイルの断線が発生する可能性も低くなります。

今回の製品は、お客様がサードパーティー製ステンレス削り出しのプラッタをご使用になられていました。このプラッタ、重量が純正品よりもかなり重い製品です。
それが主な原因だと思いますが、モーター軸の下部に取り付けられている樹脂部品の金属ボールとの接触面が若干摩耗し、少し面が荒れていました。また、モーター駆動用トランジスタの発熱が多くなっていたようで、放熱用グリスが固形化していました。このグリスは、オーバーホール時に塗り直しています。
FGコイルを巻き直し、オーバーホールを実施した状態でも回転ムラが規格から大きく外れ、数値がふらついています。
樹脂部品の金属ボール当たり面を研磨し、面荒れを修正して回転ムラを測定すると、0.008%程度(33rpm時)まで改善されました。

サードパーティー製の製品をご使用になる場合には、その製品と純正品との規格を比較し、しっかりと吟味をして使用して頂きたいと思います。
機械的、電気的に無理が掛かる様な製品は避けるべきです。製品の寿命を著しく縮める可能性が非常に高くなります。

オーバーホールを実施する事で、初期の性能に限り無く近付きますので、ご安心してお使い頂けます。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Technics (テクニクス) SP-10mk3 オーバーホール S:DK2301C144


Technics (テクニクス) SP-10mk3のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
・回転時微振動発生

処置
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  高分子電解コンデンサをフィルムコンデンサに交換
  無極性電解コンデンサを一部フィルムコンデンサに交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  リレー交換(半導体リレー使用)
  ヒューズ全数交換
  制御回路用電源回路整流用ダイオードブリッジ交換
  3端子レギュレータ全数交換
  電源オペレーション回路基板トランジスタ1個交換
  ダイオード4個交換
  裏付け部品半田面から部品面に移設
  ストロボ、ソレノイド用電源トランジスタ交換、ヒートシンクに移設
  各回路基板洗浄、防湿コーティング
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  機構部洗浄、注油
  機械調整
  電気調整
  24時間以上のエージング後動作チェック

ご購入後、長期間ご使用になられて、これからも安心・安定してご使用になられたいとの事で、オーバーホールをご依頼頂きました。

回転時に微振動が発生しています。78rpmで回すと、振動がはっきりと手に伝わって来ます。33rpmでもモーター駆動波形を測定すると、振動が発生する原因の急峻な立ち上がりが確認できます。
その様子です。33rpmにて測定しています。上がオーバーホール前、下がオーバーホール後です。


この症状は、当店に入荷するSP-10シリーズ全てに、大なり小なり発生しています。これは、各電子部品の劣化が進み、各回路が正常に機能していない為に発生していますので、オーバーホールを実施する事で、完全に無くなります。
今回の製品も、オーバーホールを実施した事で、微振動は完全に治まっています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Technics (テクニクス) SP-10mk3 修理・オーバーホール S:AV7J29F040


Technics (テクニクス) SP-10mk3の修理にてお預かりしました。

症状
・ストロボ点灯せず
・ブレーキソレノイド動作しない
・回転時微振動発生

所見
・ストロボ、ソレノイド用電源トランジスタ不良
・各電子部品劣化
・各操作スイッチ接触不良発生

処置
・各操作スイッチ交換
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  高分子電解コンデンサをフィルムコンデンサに交換
  無極性電解コンデンサを一部フィルムコンデンサに交換
  フィルムコンデンサ全数交換
  調整用半固定抵抗器全数交換
  リレー交換(半導体リレー使用)
  ヒューズ全数交換
  制御回路用電源回路整流用ダイオードブリッジ交換
  裏付け部品半田面から部品面に移設
  ストロボ、ソレノイド用電源トランジスタ交換、ヒートシンクに移設
  各回路基板洗浄、防湿コーティング
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  機構部洗浄、注油
  機械調整
  電気調整
  24時間以上のエージング後動作チェック

ストロボLEDとブレーキソレノイドを駆動する電源回路のパワートランジスタが壊れ、症状が発生していました。この製品のウイークポイントの一つです。
このトランジスタ、1時間程度動作させると触る事が出来ない程かなり発熱します。このトランジスタを取り付けている半田付け部が酸化している程です。この件はメーカーも把握していて、後期の製品では、ヒートシンクに実装されています。
当店のオーバーホールメニューにこのトランジスタの交換・移設が入っていますので、オーバーホールにてこの症状は正常に戻っています。

回転時に微振動が発生しています。当店に入荷するSP-10シリーズは、大小は有りますが必ずこの症状が発生しています。電子部品が劣化して、各回路が正常に動作していなかったりノイズの影響が原因です。オーバーホールを実施する事で、この微振動も無くなっています。

コントロールユニット内の操作スイッチに接触不良が発生していました。電源スイッチを除いた操作スイッチを交換しています。

今回のオーバーホールにて、今後長期に渡り安定動作する様になります。また、各回路が正常に動作しますので、この製品が持っている性能が発揮出来ます。製品を活かすも殺すも、オーナー様次第です。

当店ではSP-10シリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、SP-10シリーズが故障してお困りの方やどうも調子が悪いとお感じの方、今後長期間ご使用されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話は対応できない時が多いので、メールにてご連絡を頂ければと思います。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2017-06

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top