Home > DENON > DENON (デノン) DP-80 オーバーホール S:133557

DENON (デノン) DP-80 オーバーホール S:133557

  • 2017-11-18 (土) 14:31
  • DENON


DENON (デノン) DP-80のオーバーホールにてお預かりしました。

所見
・各電子部品の劣化により、時々サーボ外れる。

処置
・オーバーホール
  電解コンデンサ全数交換
  フィルムコンデンサ全数交換(松下電器製ECQMタイプのみ)
  調整用半固定抵抗器全数交換
  トランジスタ全数交換
  3端子レギュレータ交換
  リレー交換
  ヒューズ交換
  各回路基板半田付け全箇所吸い取り、再半田付け
  各回路基板クリーニング、防湿コーティング
  電気調整
  24時間以上のエージング後、動作確認

回転中に異音がして回転ムラが発生するとの事でお預かりし、オーバーホールを実施しました。
オーバーホールを実施する事により、不具合は解消しています。

DENONのDPシリーズは、コンデンサ類だけではなく、半導体の劣化が目立ちます。通常でしたら小信号トランジスタを全数交換するのですが、今回はモーター駆動用のトランジスタにも劣化が認められた為、交換しています。
トランジスタの劣化で良く有るのは、hFEの極端な低下です。時には1桁台まで低下している事も有ります。今回もモーター駆動用のトランジスタのhFEが13程度まで低下していましたので交換しています。
厄介なのは、測定上は全く問題は無いのに、交換すれば不具合が解消する場合です。これは、ダーリントン接続されているトランジスタに良く見られる様に思います。

今回のオーバーホールにて、今後長期間、安定して動作すると思います。また、新品時の性能にかなり近付きますので、この製品の性能を発揮しています。

当店ではDENON DPシリーズの安定したメンテナンスができるように、部品関係は常にストックしておりますので、DPシリーズが故障してお困りの方、どうも調子が悪いとお感じの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

─────────────────────────────────────────────
商品の修理のお問い合せは下記までご連絡下さい。
電話:0863-53-9922
メール:vintageaudio@csis.jp
─────────────────────────────────────────────

Home > DENON > DENON (デノン) DP-80 オーバーホール S:133557

Tag Cloud
PR
メタ情報

Return to page top